Cocos Creator.app is damagedの対処法

10月17日にCocos Creator v2.0.4がリリースしたので、早速試そうとしましたが、下記のように
“CocosCreator.app” is damaged and can’t be opened. You should move it to the Trash.
のエラーが出ました。

CocosCreator.app is damaged and can't be opened

この場合は、インストールしたアプリを残し、ターミナルで以下のコマンドで解決できました。

xattr -rc /Volumes/Cocos\ Creator/CocosCreator.app

ちなみに、参考1の同じページで議論されているゲートキーパーを解除の方法ですが、つい昨日VirtualBoxインストールできなかった時に参考したサイト(参考2)で紹介されました。

普通「システム環境設定」⇒「セキュリティとプライバシー」を開くとこうなっているはずです。
Security & Privacy

下部の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可(Allow apps downloaded from)」のところでは、「すべてのアプリケーションを許可(Anywhere)」は出ていないと思います。

この時はターミナルで以下のコマンドを実行すると、「すべてのアプリケーションを許可(Anywhere)」が表示され、解除できるようになります。

sudo spctl --master-disable

また、元に戻す場合は以下です。

sudo spctl --master-enable
参考
  1. Damaged and can’t be open app error message
  2. Fixing ‘The Installation Failed’ VirtualBox Error on Mac High Sierra

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください